2011年08月08日

☆☆結婚15周年記念日☆☆

DSC06590.JPG
H23年8月8日

tanabata家はこの日で結婚15周年記念日を迎える事が出来ました☆

DSC06514.JPG
8月8日の当日は特に改まった会話は有りませんでしたが、残しておいた【ティラミス】でお茶をして、美味しい幸福な時間を過ごしました。
やっぱり濃厚なティラミスには淹れたてのESPRESSOが最高です♪

特別な事はなくても、何気ない日常会話が楽しかったり、大切(特別)だったりするものです。

DSC06588.JPG
これは結婚10周年記念日にシェフから(珍しく!?)贈られたネックレスです。
ちょうど双子のtanabataちゃんを出産した時だったので小さなベビーリングが2つ付いていました。
このリングには【無限∞】と言う名前が付いていて、H8年8月8日の結婚記念日とH18年8月18日の双子の誕生日の【8】に因んでいます。
リングを横にすると本当に∞のデザインになっています。
これを貰った時、初めて【ご苦労さん】と労いの言葉を言われ、それまでの10年間と双子を無事出産した事で初めて1人前の人間として認めてもらえた気がしました。
実際に、それからの5年間は今までの師匠と弟子の様な関係ではなくなりましたからね(笑)

ベビーリングはtanabataちゃん達が年頃になったらそれぞれにプレゼントしてあげる約束をしています。
それまでは、私の大切な宝物です。

この一週間この日記を更新するか否かで迷っていましたが、tanabataはこんな夫婦が二人三脚で切り盛りしているお店だと言う事が少しでも伝われば…との思いで更新する事に決めました。

東日本大震災を目の当たりにして以来、日記と言うものは自分の【生きた証】にもなりますので、その時の気持ちを記録しておく事も大切な気がしています。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)
これからもシェフと2人でタッグを組み、切磋琢磨しながら【trattoria tanabata】をより良い店に育てて行きたいと思っております。






posted by tanabataマダム at 23:49| Comment(3) | 日々の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
本当は、8日か18日にtanabataに伺いたかったのですが・・・家族全員、夏風邪が長引いていて、行けず残念でした。
伺うのは、また次回にします♪

シェフ・マダム、15周年おめでとうございます☆
そして、tanabataちゃん、お誕生日おめでとう☆

15周年のブログを読んで、涙が出ちゃいました。
何がどうこうではなく、読んでいて夫婦ってイイな・・と思いました。

長女の手術がきっかけで、tanabataの存在を知り、マダムに出会えて・・・良かったです☆
心の底から、おめでとうございます☆★

また、伺いますね♪

★REI★
Posted by REI at 2011年08月18日 22:22
>REI様

夏風邪は回復しましたか?
この暑さなのに、長引くと体力奪われますよね…拗らさないと良いのですが…
双子ちゃんは必ず二次感染しますから、時間差攻撃で、なかなか予定が立てられないのを私も経験しています。
もう、地元の名古屋に3年帰省出来ていないのですが、水ぼうそうとおたふく風邪、美七海の手術前後の安静期、そして東日本大震災…と尽く帰るタイミングを逃しています(冷)
今月末の火曜日にシェフが名古屋で開催される【イタリア料理の勉強会】へ参加するのですが、私も便乗して帰省する事になりました。
トンボ返りで滞在時間は限られますが、家族と父の仏前にtanabataちゃんの成長した姿を見せてあげたいと思っています。
結婚15周年の記事へのコメント本当にありがとうございます☆
この15年で私は自分でも人間的に成長が出来たと実感しています。
個人ブログにも綴っている事は実話で、シェフはストレートに相手を褒めたりなだめたりしない(出来ない)タイプなので、私が諦めたら終わりだったのです。
常に、課題を出して来てはクリアして行く事の連続で気付いたら少しづつハードルを上げて来るワケです(笑)
そうやって、与えられる試練に必死に食らい付いて、経験差や年齢差を埋めて行きました。
結婚7年目位の時は本当に
【この男性に自分以上に相応しい女性が居るのなら会って見たい】
と本気で思っていました(苦笑)
それ位、努力しても上手く出来ない(ちゃんと認めてもらえない)自分が悔しくて悔しくて…
でも、諦めないで良かった。自分を信じて本当に良かった♪
10年間もの間、子供を持つ事に対して否定的だったシェフなのですが、何度も何度も話し合ってようやくOKの返事をしてくれたのです。
でも、それは神戸のお店を閉店する決断をしなければならなかったのです。
2人で努力してコツコツと築いてきた神戸のお店、そこに夢を賭けた多額の投資の全てを捨てて地元に帰るのは、男としてのプライドも許せなかったでしょうし、またゼロから新天地でのお店(家)を建築する為の資金繰り等など…相当なリスクが待ちうけている事が予想出来たので、本当に出産を選択する人生は私達にとっては【苦渋の決断】だったのです。
本当なら、香川に戻ってからtanabataを始める前に2年間程、シェフはイタリアへ修行に行く予定でした。
でも、そんな時に私の妊娠が判明してまさかの【双子】。
前途多難で、正直に手放しでは喜べませんでした(冷汗)
【双子ってなに〜!?】
みたいな。
もう、想定外過ぎてフリーズでしたよ(笑)
それで、私が1人で双子を育てるのはどう考えても無理やろ…
との事で、止む無くイタリア行きは断念したのです。
これが、私達の運命なのかな!?
もうこうなったら開き直りの境地で、今まで神戸で培ってきた独学と経験だけでやるしかない!
と言う訳で、双子の名前から一文字づつ取って【tanabata】と命名し、双子のtanabataちゃんと一緒に【育てる店】としてオープンしました。
人生にハプニングは付き物…神戸での経験から逆境には強くなっていた私達、開き直っていたお陰で、返って自然体になれたのだと思います。
tanabataでは、シェフとマダムと言う役割がお互いにしか出来ない唯一無二の存在なので、シェフも私の存在価値を認めざるを得ないのだと思います。
香川に来て初めて、【本来の2人の姿】で仕事が出来ているのを実感します。
これは、tanabataちゃんの効果が大きいと思います。
【仕事<家族<自分】
このバランス感覚の重要性を教えてくれたからです。
仕事をないがしろにすると言う意味ではなく、自分の時間や家族の時間も大切にする事で、結果的に仕事へも反映されて、サービスや質が向上すると言う考え方です。
私達の15年は本当に世間一般の様には行かない、とっても濃くて密度の高い15年間でした。
REI様がおっしゃる様に
【夫婦って良いな…】
本当にその通りだと思います。
2つの人生から1つの人生を2人で築いていく過程で、信頼関係と思い遣りも育まれるんですよね♪
認めてもらえるまで時間は掛かりましたが、【tanabata】が誕生するまでの軌跡は七転八倒でしたが、【幸せな暮らしがしたい】と言う純粋な気持ちを諦めなかったからこそ、香川に帰って来られたのだと思っています。
私も、美七海の心臓手術がきっかけで、REI様と巡り会う事が出来て、本当に嬉しくおもいます。
同じ双子のママとして、共感してもらえる部分が多いと私も心強いです♪
またいつでも遊びに来て下さいね☆
一日も早く皆様が元気に回復される事をお祈り致します。
Posted by tanabataマダム at 2011年08月20日 07:52
とってもご無沙汰をしておりました!
ベビーリングの話、感動的ですね。そんな想いのいっぱい詰まった(ハードルの高い)贈りものは、なかなかできないと思うので、感性なのだなと思いました。

私も努力して、磨き続けたいという気持ちになりました。
大切なことをきづかせてくださって、ありがとうございます!!
Posted by okamura at 2011年08月22日 18:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。